仮住まい 一時 引越し

仮住まいへの一時的な引越し

引越し 人形

 

自宅の建て替えや全面リフォームの場合は、しばらくの間仮の住まいに入居しなければなりません。
これは一時的な臨時の引越しですから、結果的には短期間に2回引越しをすることになります。

 

一軒家ともなると、それなりの量の家財があるのではないでしょうか。

 

その家財すべてを仮住まいに持って行くとなるとかなり広い物件を探す必要がありますし、引越し費用も当然高くなります。
そして物件が広ければ家賃も高くなるので不経済になりますね。

 

まずは家財の選別をして、不要なものはこの機会に処分しましょう。
そして次に仮住まいでも使うもの、使わないものに分けて考えます。

 

使わない家財はレンタル倉庫を借りてリフォーム終了まで保管するという方法もあります。
しかしそのためには2ヶ月分の保証金、1ヶ月分の手数料、当月と翌月分の使用料、当月と翌月分の共益費、引き落とし手数料などいろいろな費用がかかります。

 

正直面倒くさいので、おすすめの方法は引越し業者の一時預かりサービスの利用です。

 

引越し業者のなかにはこのような場合に備えて、家財を一時的に預かるオプションサービスを行っています。
もちろん保管期間に応じた保管料と、入庫や出庫の際にかかる運搬作業費などの費用はかかりますが、レンタル倉庫を借りるより手間は少ないです。

 

ただサービスはどこの引越し業者でも行われているわけではないので、利用希望の方は早めにお問い合わせください。

トップページ > 大型家電の配送を格安で行う方法@おとくに引っ越し