大型 家電 配送

大型家電の配送を格安で行う方法@おとくに引っ越し

大型家電 配送 料金

大型家電 配送 費用

大型家電 配送 金額

大型家電 配送 安い

大型家電 配送 相場

 

大型の電化製品の引越し、できるだけ安くしたいとお思いですか?

 

冷蔵庫や洗濯機、エアコンなどの家電は自力で運んだり、取り外したりするのが難しいですね。

 

大型の電化製品をできるだけ安く運んで欲しいと思いませんか?

 

それなら、引越し業者一括見積もりがオススメです。

 

大手から地域密着の引越し業者まで200社以上が参加しています。

 

一度の情報入力でお住いの地域にある引越し業者、最大10社から見積もりを取ることができます。

 

あなた自身の引越し料金の相場はもちろん、最安値も簡単に知ることができるので本当に便利です。

 

大型家電製品は、値段も高いので慎重に運びたいですね。

 

物件の床や壁を傷つけたりすると敷金にも影響しますので、ここは引越しのプロにお任せしましょう!

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

 

 

引越しの時期と費用の関係

 

引越しの時期と費用

 

引越しは1年中いつでも同じ値段というわけではありません。

 

引越しの時期によって値段は異なります。
例え同じ距離、同じ荷物の量で引越しをしても、繁忙期と通常期では値段が大きく変わります。
これは大型の電化製品のみを運びたいときも同じです。

 

では繁忙期とはいつのことを言うのでしょう?

 

繁忙期はズバリ3月のことです。
3月は1年で一番引越しの件数が多く、日本中の引越し業者はどこも猫の手も借りたいほど忙しくなります。

 

理由は4月から新学期です。

 

新学期に備えて、新大学生が大学の近くに引越ししたり、新社会人が会社の寮に引越ししたりするからです。
それだけではありません。
多くの会社で春と秋に人事異動があって、春の人事異動がちょうど4月の新学期前に行われるのです。

 

会社から転勤の辞令が出たサラリーマンとその家族の引越し、単身赴任をするサラリーマンの引越しもこの時期に加わります。
これに通常の引越しもあります。

 

これだけ多くの引越し理由があるのですから、繁忙期は大忙しなのです。

 

もしもこの時期に引越ししたり物を運ぶ場合は、早めに見積もりを取って引越し業者を押えておきましょう。

 

 

引越しの大体の手順

 

大型家電 引越し 手順

 

引越しの時はすることが多いですが、だいたいの手順を知っておくと無駄な動きが少なくて済みます。
ぜひ見積もりをする前に一度ご確認ください。

 

・引越し業者への見積もりは、新居が決まってすぐというタイミングがオススメです。
新居の情報がないまま見積もりを依頼することはできません。
なぜなら新居の情報も引越し費用を左右するため、正確な金額が計算できないからです。

 

・次に不用品ですが、引越し前に処分して荷物を減らした方が引越し費用が安上がりです。
荷物が多いほど時間もかかりますし、スタッフも多く必要ですし、トラックの大きさにも関わるからです。
不要品をフリマアプリなどに出品しても、売れるまでに時間がかかりますからのんびりせずに早めに動きましょう。

 

市外引越しの場合は、引越しの2週間前から「転出届」を出す必要があります。
忘れてしまって転出届を出さずに引越しすると、後から提出しに戻ったり書類を送ってもらうなど面倒になります。
他にも役所関係の国民健康保険や年金、児童手当の手続きもしておきましょう。

 

・電気、ガス、水道などは引越し日までの料金を日割りで精算してくれますので、手配しておきましょう。
その方法は会社によって異なりますので、各社に電話するかメールをして確認してください。
ガスは安全のために引越し日に立ち合いで元栓を閉める作業があることがあります。

 

・引越しをしたら、郵便物も引越しさせなければなりません。
これは最寄りの郵便局で「転居届」を提出すれば1年間は新居に郵便物を転送してくれます。
転居届とともに身分証明書や前の住所が記載されたハガキなどが必要です。

 

・引越し当日の荷物の運送や家財の配置は引越し業者にお任せください。
しかし引越し業者が運べない荷物がいくつかあります。
現金・貴金属・通帳・印鑑・高級品や、パソコンのデータ・遺影など財産やとても大切なものは自分で管理しましょう。

 

・引越し後に新居に最寄りの市町村役場にいずれかの書類を提出しましょう。
市外引越しなら「転入届」、市内引越しなら「転居届」です。引越し後2週間以内に提出しましょう。

 

・最後に運転免許証やパスポートなどの身分証、各種保険や銀行、クレジットカードなどの住所変更をしてください。
これだけみるといろいろすることはありますが、時期がずれていますので実は少しずつなんですよ。